2015年07月31日

絵本は読まなくても、とっておいてほしい。

振り返ってみると、7月は、濃い1ヶ月だったなぁ。

引っ越してきて、絵本から遠のいた生活で、まずい!

なんとかしなければ・・・と思っていたけど、

絵本にかかわれた一か月だったなぁ。


仕事も、なんとか続いている。

4キロもやせた。
でも、きっと仕事やめたら、また元に戻っちゃうんだろうなぁ。

娘は、もう絵本で子育て終了だけど、

夏休みに入って、絵本を読んでる。

P1050698.jpg
絵本を選び中。

wq_RhtaNy6l9OOU1438317022_1438317158.png

これは、レオ・レオニを読んでる。

最後は、オカメインコのレモンちゃんにまで読み聞かせが始まった。

P1050689.jpg


中学生になったら、絵本を読む機会は確かに減ってる。

でも、絵本を捨てないでほしい。

こうやって、時々、昔を振り返り、絵本を読むことがある。

うちの娘の場合、引っ越してきて、仲の良かった友達と離れてしまい、
遊べない。

引っ越す前は毎日のように遊んでたわけだから、
この夏休み、つまらないだろう。

部活はあるけど、引っ越してなければ、部活終わってからでも
遊んでいただろうから。

手紙のやり取りはしているけど、
思うように話せないもどかしさなど、
あるだろうなぁ。

新しい中学校では、まだ家に呼ぶほど仲の良い友達はできていないようだ。

だから、絵本を読んでいるんだと思う。

絵本を開くと、その読んでいた時の思い出や感情などよみがえる。

大好きだった絵本を読むと、安心する。

だから、子どもが赤ちゃんの頃の絵本をひっぱりだしてきたとき、
ちょっと、気にかけてあげてほしい。

何かあったのかな?って。

もう大きいんだから、赤ちゃんの絵本なんて読まないの!なんていわないでほしい。

ぜひ、読んであげてほしい。

そして、子どもは、愛されていることを確認したら、
また前に進むことができる。

この家に引っ越してくるとき、
リビングに本箱を置くことを、旦那は本当はよく思ってなかったと思う。

もう中学生なんだから、絵本なんて読まないでしょ!って気持ちがあったと思う。

でも、今、まさに、絵本を読んでいる。

旦那は娘が絵本を読んでいることは知らないけどね。


だから、絵本はリビングに置いてほしい。
そして、絵本を処分しないでほしい。

いつか、振り返って読みたくなる時が来るんだよ。

私も、中学入ってからかなぁ。
読みたくなって、母親に「あの絵本はどこにやったの?」ときくと、

「とっくに、従妹にあげちゃったよ。今更何を言ってるの」といわれ、

ショックだった。

なんで、勝手に、あげちゃうんだ〜!!って。

だから、私が子どもの頃に読んだ絵本は、一冊もない。

絵本は、確かに読まないと邪魔かもしれないけど、
心の支えになってくれる時がくるから、
ぜひ、とっておいてほしい。


今日娘が読んでいた絵本


『ねずみさんのながいぱん』


『ぶたたぬききつねねこ』

オカメインコに読み聞かせしていた絵本。

レモンちゃんは、絵本をかじりたくてしょうがないらしいけど。(笑)



『アレクサンダとぜんまいねずみ』

これは、友達同士の絵本だね。
ソファで、真剣に読んでいた。
何を感じたのかな。


いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。


posted by わたわた at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

絵本講師の東京交流会に参加しました

7月5日は、絵本講師の交流会がありました。

そこで、午後の部の司会をやらせていただきました。

その日の様子はこちら↓
http://www.ehondekosodate.com/kosodate/kouryu/kouryu50.html

相変わらず人前で何かをすることが苦手で、
司会も緊張しましたが、なんとか、無事終了してよかった。

そして、今回、本当に参加してよかったことが、たくさんあった。

交流会では、絵本講師の実演がある。

午前の部の講師のとんちゃんの講座を聞いて、
泣けた。

普段、我慢するんだけど、涙がでてしまった。


心にどんっと、見えないけど、エネルギーを感じた。
苦しかった。

前日に、私が自己肯定感が低いから、自分を認められないという話をしたから、
とんちゃんは、一睡もせずに、当日を迎えてしまった。

私に向けて講座をしてくれたそうだ。



子どもが小さいころ、
自分はダメな母親だと思い、
そんな母親に育てられている子どもがかわいそうだと思い、
どのように子育てをしたらよいか、悩み苦しんだ。

早急に、自分をなんとかしたかった。

そこで、出会った、子育てのコミュニティで、
いろいろ学び、子どもへの接し方や、
自分自身を認めることが、少しずつできてきて、

もう、自分は大丈夫だと思っていた。

でも、違った。
まだ、自分で自分を認められていなかった。

子育てに悩んでいたころ出会った人たちが、
自分で自分を責めて、落ち込む姿をみて、
どうして自分で自分を苦しめるんだろうと思ってた。

でも、私も同じだった。
自分で自分を認めず、苦しんでいた。

そこに気づけたこと、よかった。

その後のグループワークでも、
嬉しい言葉をたくさんもらい、
本当にうれしかった。

話したことはないのに、養成講座で『いないいないばあ』を読んだことを覚えていてくださって、
好きだといってもらった。

すぐに、私のことなんて覚えている人はいない、とか
私の話なんて聞きたい人がいるわけがない、とか
思っちゃうんだけど、

グループワークで一緒だった人たちは、みなさん、好意的だった。

今回、自分で自分を苦しめていたことに気づけ、
そして、励ましてもらったので、

一歩前に進めそうだ。

絵本講師仲間との素敵な出会いのおかげで、
救われた。

そう、私には、素敵な友達や仲間がいる。

それだけで、自分で自分を認めていいよね。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。

posted by わたわた at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

絵本講座無事終了

7月26日は、絵本講座をさせていただきました。

告知が、ぎりぎりだったので、
受講してくださったのは、同じ絵本講師仲間のAさん親子一組でした。

「科学絵本って、おもしろいの?」というテーマでお話させてもらいました。

一人ではなく、絵本講師のTさんと一緒に1時間を二人で講師をつとめました。


テーマを決めたことと、二人の講師で講座をすることが初めてでした。
やってよかったです。
テーマを決めると、話しやすかったし、二人なので、心強かった。
11798305_480111958830896_1465032036_n.jpg

『せみとりめいじん』を読んでます。
夏、やっぱり蝉とりをしてほしい!ということでこの絵本を選びました。

11780458_480111935497565_1080525831_n.jpg

『やさいのおなか』を読んでます。

11805799_480111952164230_619261404_n.jpg

今回は、やさいを実際に切って持っていきました。
玉ねぎは失敗。においがすごかった(笑)

11805895_480111968830895_1459390546_n.jpg

絵本講師のTさん。
『かみひこうき』を読んでます。


実際に紙飛行機を作ってます。

r4kZee528d99J301438156418_1438157162.png

最後飛ばして楽しみました。

cn5z7C_XCZXufS81438157211_1438157470.png


やはり、緊張したし、うまく話せなかった。
練習あるのみだな〜。

でも、講座をやらせてもらえて、また一つよい経験ができました。
感謝です。

講座に持っていった絵本たち。
P1050684.jpg
これをみて、きれいに並んでいるほうが、絵本講師Tさんで、
雑に並んでいるのが、私です。(苦笑)
性格でるなぁ。


『せみとりめいじん』
物語になっているので、図鑑系があまり好きではないお子さんにおすすめ。
ちゃんとせみの取り方のコツが書いてあるので、ぜひ、この夏蝉取りに挑戦してほしい。


『やさいのおなか』
実際に、いろいろな野菜を切って、野菜のお腹がどうなっているか、
体験してほしいということで、お勧め。


『かみひこうき』
これ、うちにはない本なんだけど、
この絵本いいなぁ。
私もかみひこうき作りたくなった。
いろんな種類があるし、いろいろ作って、飛ばしてみたい。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。


posted by わたわた at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

第12期絵本講師養成講座

7月25日は、第12期絵本講師養成講座のお手伝いに行ってきた。

1回目は、娘の運動会と重なっていまい、お手伝いできず、とても残念だった。

今回は、松居直先生の講座でした。
もう、松居先生のお話は、何回受講させてもらっているのだろう。
6回目か、7回目かな。
埼玉の図書館で公演があった時にも、お話を聞きに行った。

今回は、撮影担当だったので、あまりメモできなかった。
でも、先生は「命」について「言葉」についてお話して下さり、
「生きる意味」「何のために生きているのか?」というお話だった。

本当に何のために生きているのだろう。
この年になっても、わからなくて、自問自答する。

子どもとして生きるということの大切さなど、
とても貴重はお話を聞かせていただいた。

今回、『おおきなかぶ』を松居先生が読んでくださった。


松居直先生 1.jpg

初めて絵本を読んでもらえて、感激した。

そして、松居先生の素敵な笑顔。

松居直先生 2.jpg


NPO法人「絵本で子育て」センターに許可をもらい、写真を掲載させてもらえることになった。

迷ったり、悩んだりした時、
松居先生の写真をみて、元気をもらおう。

松居先生には、いつまでもお元気でいてもらいたい。
また、来年もお話を聞かせてもらいたい。

松居先生が読んでくださった、『おおきなかぶ』


松居先生が、シベリアに抑留されていた経験のある佐藤忠良さんにお願いして作った絵本。
今回、そのお話はなかったけど、佐藤忠良さんは、何度も何度も
おじいさんがカブを引っ張っているように見えないと書き直したというお話を
前に聞かせてもらった。

子どもたち、この絵本大好きだよね。
子どもはちゃんと、真実を見る目を持っているんだよね。

大人が、真実を見る目を養わないといけないんだよな。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。
posted by わたわた at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

ふくちゃんの絵本らいぶ&絵本講座

7月4日は、絵本講師のふくちゃんの絵本ライブ&絵本講座に参加。

ふくちゃんの絵本らいぶには、前から参加してみたかったけれども、
新潟に在住なので、なかなか機会がなく、
今回、平塚で開催されるということで、参加できた。

そして、ふくちゃんは、男性ということと、
自分は絵本で子育てしていない!ということで、
どのように、絵本講座をするのかな?ととても興味があった。

絵本らいぶは、とっても楽しかった。
絵本を使って、実際にその場で、親子でコミュニケーションをとるので、
「らいぶ」とはこういうことだったのか!と、
「読み聞かせ」とはここが違うのか!と発見。

参加されている子どもだけでなく、お母さんもとっても良い笑顔で、
お母さんも楽しめて、息抜きになったのではないかな。

「読み聞かせ」だと、お母さんは聞いてなくて、子どもにだけ聞かせようとする人もいるけど、
ふくちゃんのらいぶは、一緒にいるお母さんも楽しめて、
このような絵本らいぶがあちこちで開催されると、
「読み聞かせ」のイメージがかわるし、お母さんも息抜きになってよいだろうなぁと思った。

絵本講座は、ミニ講座だったので、
次回は、最後まで聞かせてもらいたいと思った。

絵本らいぶで、絵本を読みながら、すでに大事なことを伝えていたので、
絵本講座としなくても、十分みなさんには絵本を読むことの大切さは、伝わっていると思った。

絵本らいぶも、絵本講座もあっという間に終わってしまったので、
またぜひ、参加させてもらいたい。

ふくちゃんは、ピアノの方とも一緒にらいぶをされているので、
次回は、ピアノのらいぶも参加してみたい。


ふくちゃんの絵本らいぶの様子はこちら↓


P1050648.jpg


いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。


posted by わたわた at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

7月17日ラジオ出演

17日も、ラジオに出演させてもらった。

今回は、戦争についての絵本の紹介。



『えんぴつびな』長崎源之助 作 長谷川知子 絵 金の星社

私が所属している「絵本で抱っこ」で発行しているメルマガでも、この絵本の紹介をした。

この絵本は、私と娘の思い出の1冊だから。

戦争の絵本を紹介するにあたり、
他にも絵本を読みなおした。

P1050653.jpg

まだまだ、紹介したい絵本、たくさんある。

本当は4分では語りきれない。

ラジオを聴いてくださった方たちに、私の思いは伝わったかどうか、わからないけど、
絵本を読んでみようかなと思ってくれたら、嬉しいなぁ。

こんな時代だからこそ、戦争の絵本を家庭において、
絵本をきっかけに、戦争について家族で話してほしい。

昔話の絵本も、戦争の絵本もそうだけど、
「残酷な話を子どもに聞かせたくない」という意見を時々聞く。

でも、ゲームやスマホは簡単に与えているのに、どうして絵本はきかせたくないと思うのか。

残酷、残虐なゲーム、たくさんあるよね。
実際に、自分でその行為を行うわけだよね。

でも、絵本は違うよ。
自分で戦争をするわけじゃない。
戦争という世界に入って、どんな世界なのかを体験し、感じて想像する。

どんなにつらくて、悲しいことなのか。
恐ろしいことなのか。

ただ、絵本を1冊読んだからと言って、想像できるようになるわけじゃない。
いろんな絵本を読んで、いろんな人の気持ちを体験して、
そうしてはじめて、想像できるようになるんだよね。

だから、家庭での絵本の読み聞かせをしてほしいと思う。
戦争の絵本に限らず。



いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。
posted by わたわた at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

7月3日ラジオ出演

また、間がかなり空いてしまった。

絵本講師の活動も、少しずつやらせてもらっている。

7月は、ラジオに出演させてもらった。

7月3日に紹介させてもらった絵本は、


『さんびきのやぎのがらがらどん』

番組が5分だけど、話す時間は3分から4分くらいかなぁ。

この絵本を紹介するにあたって、
他の絵本もとりあげたかったんだけど、
時間がなかった。

P1050655.jpg

全部、せたていじさんの訳だ。

『さんびきのやぎのがらがらどん』は有名だから、
今更紹介する必要ある?と思うかもしれない。

私も実はそう思っていたんだけど、
最近は読んでもらっていない子が増えているという現状を聞いたので、
紹介させてもらった。

今回は、時間をきちんと見ながら話すことができた。
いつも、パニックになってたけど、
パニックにならず、時計を見ながら、冷静に話せたと思う。

ただ、伝わったかどうかは、わからないけれども、
少しは、成長できてるかな。

暑さに負けず、絵本講師として精進していきたいと思う。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。

posted by わたわた at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ