2016年01月17日

絵本講座のお知らせ

私は、絵本講師世田谷支部の、「絵本で抱っこ」に所属しています。

絵本講師が交代で、絵本講座を開催させてもらっています。

せたよんフィールドミュージアムという場所で、
1月23日に絵本講座を開催します。

笑顔になれる楽しい絵本をご紹介!!
日時:2016年 1月23日(土)13:30〜14:30
対象…どなたでもどうぞ お子様連れ歓迎です
参加費: 無料
講師:穴見 美沙 
NPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師
わらべうたベビーマッサージ インストラクター 
笑顔になれる楽しい絵本で、子育ての不安や
悩みを吹きとばしちゃいましょう。
・なぜ絵本が子育てに良いといわれるの?
・どんな絵本がいいのかな
・絵本を読んでて良かったと思う時
・「教育」ってなんだろう

■場 所: 世田谷区立瀬田四丁目広場(旧小坂邸)
住所:東京都世田谷区瀬田4-41-21

■ご 予 約、お問合わせ
予約不要です。直接会場までお越しください。
※お問い合わせは直接「絵本で抱っこ」まで
お問い合わせ先: ehondedakko@gmail.com�
ホームページ:http://ehondedakko.jimdo.com/ 

リンク先です。↓
http://www.re-forest.com/seta4/23jan2016.html

絵本を読むことは子どものためによいと言われていますが、
実際に、絵本を読んでいる家庭はどのくらいいるのか?というと、
あまりいないのが現状です。

絵本を親子で楽しむということは、
習い事や勉強と違って、すぐに結果がでるものではありません。

でも、今の時代、子どもたちにとっても、親にとっても、
絵本で子育てするということは、大切なことだと思います。

それは、人生において、必要なことを、絵本は教えてくれるからなんです。

福音館書店の編集者だった、松居直さんが、そのように教えてくださいました。
そして、実際に絵本で子育てをしてきた経験上、
本当にそうだなと、実感しています。

ぜひ、絵本講座を聞いて、絵本で子育てをしてみようと思ってくれたらいいなと思います。
絵本は子育てを助けてくれます。

絵本講師の穴見さんの講座を聞いて、
子育ての悩みや不安を吹き飛ばしちゃってください!

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。








posted by わたわた at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

絵本講師のラジオ出演の日

明日15日は、絵本講師がラジオに出演させてもらう日!

FMちゃっぴーという、埼玉のラジオに電話で出演させてもらっている。

「くらっしぃ」という番組で、13時からは子育て中の方への内容となっている。

http://fmchappy.jp/

その中の、13時20分ごろから5分ほど、
絵本の紹介をさせてもらっている。

明日は絵本講師仲間が出演。

どんな絵本が紹介されるのか、私も楽しみ。

ただ、仕事が13時までで、今日はお店をでたのが、13時18分だったから、
間に合うかが心配。

明日は、時間通り上がれるといいんだけどなぁ。

パソコンで聴けるので、よかったらぜひ、聴いてくださいね〜♪


学校が始まると、絵本を読んでいる時間がないので、
また、絵本から離れる生活になってしまうなぁ。

図書館で借りてきた本を読んでいる。
ずっと、読みたかったけど、読んでなかった本。


『モモ』

もう、ハードカバーの本って売ってないんだね。
本好きな私としては、単行本より、絶対ハードカバーなんだけどなぁ。

単行本はこちら↓



まだ、半分も読めてないけど、面白い!
続きが楽しみだ。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。


posted by わたわた at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

中一の娘と、1歳の姪の遊び。

ねむい!

パートで、クローバーということを、ここ2日間している。

チラシを持って、一軒一軒訪問し、お店のオープンのお知らせをする。

こんなこと、できるようになるなんて、
年をとったからなのか、絵本講師でいろいろと経験させてもらったからなのか・・・・。

最初、できるか一瞬不安だったけど、
躊躇せず、ピンポーンとならしていた。

昨日と、今日で、1日1万三千ぽ歩いた。

いつも、怠けて一万歩も歩いてないから、
結構くたくただ〜。

明日からは本格的に、レジなどの研修がはじまる。

明日は、頭がたくさん疲れそうだな。


明日は、パートが終わったら、実家の引っ越しの手伝いに行かねばならぬ。

11日に引っ越しだったから、手伝いに行ったんだけど、
全然終わらなかった。

娘が、姪の面倒を見てくれ、すごい大活躍だった。

娘 姪.jpg

娘が、姪(1歳)と遊ぶのを、私は寝転がって休んでみてた〜。(笑)


姪は、童謡の「むすんでひらいて」が大好きなようで、
何度も、娘は歌わされていた(笑)

やっぱり、わらべ歌の勉強したいな〜。

でも、今の所、昔話大学に、児童文学のレポートに、原稿も書かなければいけないし、
パートも始まったばかりだし、もう少し落ち着いてから、考えよう。

姪の好きな絵本は、

定番だけど、『いないいないばあ』だそうだ。



娘が、一緒に遊んでいるときにも、
絵本ではなく、実際に「いないいない」といって隠れると、

一緒になって「ばあ!」と、嬉しそうに言っていた。

やはり、実際にやるのはもちろん、
絵本も楽しんでくれる。

うちの娘の時も、大好きで何百回と読んだ。
大げさではなく、一日何度も読んで!とせがまれ、
それが毎日続くと、100回以上は読んでいると思う。

だから、絵本もボロボロ。
でも、それがまた、よい思い出なんだよね。

姪にも、たくさん大好きなお母さん、お父さんとの思い出の絵本を作ってほしいなぁ。

ということで、何かにつけて、絵本をプレゼント(押し付けともいう)している。

お年玉も、お金と、絵本をプレゼント。


お年玉に絵本というのも、まだ、何が欲しいかわからない年齢のときには、いいと思う。


いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。




posted by わたわた at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

私の好きな絵本コーナー

今年は、絵本にかかわっていきたいと思っていたら、

なぜか、娘がよく絵本を読んでいる・・・・。

P1050929.jpg

何の絵本を読んでるのかな?とみてみると、

私の好きな絵本コーナーから、取り出して読んでる。

おまけに、

前回の写真の通り、娘が習字で書いた絵を飾ってある棚から、
わざわざめくってだしている・・・。

P1050928.jpg

本棚の並べ方も、目線に、読んでほしい本や、年齢にふさわしいと思われる絵本を置いている。

絵の隣には、読んでほしい本を並べておいてある!
P1050931.jpg

う〜ん。一向に読んでくれないなぁ(苦笑)

映画で、「杉原千畝」をやっているので、うちに本あるよ〜と、
一言声はかけたんだけど、「やだ!」と拒否された。



『約束の国への長い旅』

今みたら、もう中古しか売ってない。
悲しいなぁ。
読んでほしい良い本が、どんどん絶版になってしまう。

私もだいぶ前に読んだきりなので、もう一度読み返してみよう。



娘がひっぱり出して、読んでいた絵本はこちら。


『トラのじゅうたんになりたかったトラ』

娘に、「なんでわざわざ絵をめくってそこから選んでるの?」

ときくと、

「だって、私も好きな絵本がここに入っているから」だそうだ。

たまには、お母さんの好きな絵本コーナーとかつくると
子どもも、また違う刺激があってよいのかも。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。






posted by わたわた at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

年賀状と友達

冬休み中、書初めの宿題をおとなしくやっているな〜と思っていたら、

こんなことをしていた(笑)

P1050925.jpg

オカメインコのレモンちゃんの絵を習字で書いていた(笑)

昨日、娘がひっぱり出していた絵本。


 
『ごめんねともだち』

これも、小さいころ好きだった絵本。

友達のオオカミとキツネが、喧嘩をする。
オオカミが自分がまけてばかりで悔しくて、思わずキツネに「いんちき」と言って
家から追い出してしまう。

追い出した途端に、オオカミは自分が言ったことを後悔する。

仲直りしたいんだけど、お互いに仲直りできない・・というお話。


どうしてこの絵本を選んだのかな?と考えてみると、

年賀状がきっかけかもしれない。

埼玉のお友達で、引っ越してからも遊びに来てくれたお友達は、
年賀状もちゃんと元旦に届くように送ってくれた。

その他にも、仲良くしていたお友達に2人送ったけど、
一人は、返事をくれて、もう一人は返事はくれなかった。

娘は、年賀状を出さなかったけど、5年生の時に仲良くしていたお友達が
携帯と、メールアドレスを書いた年賀状をくれた。

そして、7日に、年下の学年が違うけど、
よく遊んでいたお友達が、「会えないけど、そちらの生活頑張ってる?」というような
年賀状をくれた。

こちらは、年賀状出してないし、
学年違うし、
なんで、今頃年賀状くれたんだろう・・・と娘の頭は?だったようだ。

そんなことがきっかけで、
この絵本をてにとったのかもしれない。

私の勝手な想像で、本当は全然違うかもしれない。

でも、こうやって娘の気持ちを想像することが、
親にとって、大切なことだと思う。

気持ちって、わからないから。

想像するしかできない。

想像するためには、よく子どもを見ていないとできない。
でも、なかなか幼稚園、小学校、中学校とあがるにつれて、
子どもが何を考え、何をしたいのか、学校で何があったのか、なんてわからなくなる。

だからこそ、

絵本を一緒に読むことが、子どもの気持ちを想像するきっかけとなる。

本当に絵本にたくさん子育て助けられてきたし、
今でも助けられているなぁ。


娘がその絵本を読み終わったので、
もう一冊そのシリーズうちにあるよね、というと、
「読んで」とだしてきた。

「読んで」といわれるなんて、すごく久しぶりで、
嬉しかった〜!!

読んだ絵本は、『ありがとうともだち』


オオカミとキツネが、海に行く。
オオカミはカジキマグロをつったことがあると見栄をはる。

キツネは、どんどん魚がつれるのに、
オオカミはまったくつれない。

最後オオカミがやっと連れたと思ったら・・・・・。

ここの場面がおかしくて、娘と大笑い。


次は、いつ「読んで」と本を出してくれる日がくるだろうか・・・・。

いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。




posted by わたわた at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします!

お正月は旦那の義母が泊まりにきたので、
普段怠け者の私にとっては、大変な2日間でした。

お義母さんのところに、お邪魔するほうが、楽だ〜!

仕事も始まり、といっても、お店はまだオープンしてないので、
研修を受けた。

一日研修受けて、不安になった(爆)

大学生のころと、子どもが生まれる直前にコンビニで働いていたけど、
いろいろと変わっているから、
戸惑うこと多し!

今日、初めて違うお店で研修をさせてもらった。
レジはまだできないけど、
袋詰めと、検品と品出しなど、
お店にずっといて、声だし。

やっぱり、実際にお店にでられるっていいな〜と実感。
まだ、何もしてないけど、
早く働きたいな〜と思った。

「いらっしゃいませ」の声も、昔は出なかった。
蚊の鳴くような声で、店長に個別に指導されていたもんなぁ・・・・。

今は、年を取ったからか、
絵本講師でいろいろと経験させてもらったからか、
割と、声もでるようになったし、
そういう意味では、成長してるな〜と思う。

ただ、レジ操作などは、高校生と比べると、逆にできない。
高校生は短時間の間に、メキメキとできるようになる。

主婦たちは、全然できるようにならん!(笑)
同じパートさんたちと研修の帰りに話したら、みな同意見で、
安心した(笑い)

同じパートさんも、良い人たちで、さっそく仲良くなれたし、
これから働けることが楽しみだ。

仕事だけじゃなく、絵本にも今年はかかわっていきたいと思う。

冬休み、中学生の娘と読んだ絵本はこちら。

P1050923.jpg

ひとまねこざるシリーズは、小さいころから大好きだった。
この絵本は読んだ記憶がなかったので、借りてきてみた。

『たこをあげるひとまねこざる』

お正月だから、借りてみた。
凧揚げ、おじいちゃんがいるときは、やったんだけどね。
もう中学生だし、パパはそういうことやる人じゃないので、
上げる機会もなくなってしまったなぁ。

『おさるのジョージスキーをする』


もうすうぐ、学校の自然教室でスキーに行くので、借りてみた。
単純にジョージがおかしくて、娘と笑いながら読んだ。
よ〜く考えると、いろいろとおかしなところが出てきちゃうんだけど。
そりを柱に突っ込んだままだったり、
スキーの板を壊されたスキーヤーが、違うスキー板に替えて優勝したり。

『おさるのジョージ木をうえよう』


こちらのほうが、おかしな点はなかったかな。
お話は、楽しくて、娘も最後まで楽しんでたけど、
最後の、20箇条が、勉強みたいで娘はいやだったようだ。
読もうとすると「読まなくていいから!」と言われた。

『赤い目のドラゴン』



『長くつ下のぴっぴ』


『ロッタちゃんのひっこし』

を書いた人の絵本なので借りてみた。

でも、家の娘は、読み終わって「なにこれ」という一言だった。

いまいちだったらしい。


やっぱり、『ロッタちゃんのひっこし』や『長くつしたのぴっぴ』のほうが面白いね。


冬休み中、娘がかなり懐かしい本をひっぱり出して一人で読んでいた。
P1050924.jpg
『ロボット・カミイ』



これは幼稚園の頃好きだった。

絵本というよりは、物語といったほうがいい長さ。

昔好きだった本をひっぱり出して読むということは、
新学期にむけて、不安な気持ちなどがあったのかもしれない。

私も仕事がはじまり、一人で留守番してもらうこともあったりしたからというのもあるかな。


家に本があると、子どもが選んだ絵本で、
今どういう心境なのかが推測できるので、
家庭に絵本や本を置いてほしいなぁと思う。

読まなくなっても、絶対捨てずにとっておいて欲しい!

幼稚園の頃好きだった絵本も、中学生になってもひっぱり出して読み、
それが、心に作用することがあるから。

もちろん、ひっぱり出さない可能性もある。

邪魔だからと処分してしまう人が多いのが現実で、
それはとてももったいない。
孫にも読んであげられるよ〜。(笑)


いつもありがとうございます♪



応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。
posted by わたわた at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ