2012年02月10日

絵本講座を聞いて、実感したこと

今日は、同期の絵本講師の川口さんの絵本講座に行ってきました!

とても勉強になりました。

すごく説得力があり、人をひきつける魅力があり、時間があっという間に過ぎてしまい、
もっと、話を聞いていたかったです。

私が一番印象に残っているところを、自分のためにアウトプットしたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在の子どもの現状は、危機的状況である。

子どもの幸福調査というデーターがあり、

日本は、子どもが孤独を感じている数が、とても多い。

子どもが孤独を感じているのはなぜか?

親子で過ごす時間がほかの国に比べて、圧倒的に少ないからでは。


平成16年に行われた家庭生活調査で、
一週間に家族で夕食をとった回数が、

スウェーデンでは4.8回
日本では、2.7回


日本は、長時間労働だったり、共稼ぎが増えていることから、
夕食の回数も少ない。

けれども、働き方を変えることはできない。


それではどうすればいいのか。

絵本を読むことで、親子の時間、親子の絆をつくることができる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私自身、今の子どもたちが、すごく寂しい子が多いということ、

かまってほしい子が多いということを、実感してきて、

絵本講師として、親子で絵本を読むことで、

一人でも寂しい子をなくしたい、子どもに笑顔になってもらいたいと思ってきた。

でも、絵本をすすめても聞いてもらえなかった。


説得力が、まるでないからなんだなぁと、川口さんの講演を聞いて、納得した。



子どもが幼稚園生のとき、絵本やさん、というボランティアをやっていた。

そのとき感じたことが、絵本を読んでほしいんじゃなく、

自分が選んだ絵本を、自分のために読んでほしい、という子が多かった。

絵本の内容なんてまったく聞いてなくて、次々絵本を選んで抱えてくる子、

私のひざに座る子、私のひざの上に、ずっと手を置いている子、

隣にぴったりくっついてくる子、本当にたくさんいた。


でも、そんな話をしたところで、

うちの子は大丈夫って、みんな思うんだよなぁ。

まさか、自分の子が、かまってほしい子だなんて思わないよね。


だから、川口さんのように、実際にデーターをみせて、

15歳で孤独を感じている子がこんなにいるのであれば、

そのころ、自分の子どもは大丈夫だろうか?と考えるだろうし、

今は大丈夫でも、そのうちわからないと思うだろう。


そうすると、絵本の読み聞かせ、やってみようかな、という気持ちになるだろう。


私は、伝えたいことはたくさんあるんだけど、

話がぜんぜんまとまらなくて、結局、相手に伝わらないんだよなぁ。


気持ちだけ、どんどん膨らんで、まったく言葉にならない。



この間、絵本体験の原稿をたのまれたので、はりきって書き始めたのはいいんだけど、

600字でまとめることがなかなかできなかった。


散々書き直して、旦那さんに読んでもらったところ、


「何がいいたいのかわからない。よくこんな文章かけるね」と言われてしまった・・・・。


伝えたい気持ちばかり先行し、話があっちとび、こっちとびし、

結局、伝わらないんだよね。


結局、書き直す前の文章を読んでもらったら「こっちのほうが、いいたいことがわかる」

ということだったので、それを提出したんだけど、

自分としては、自分の言いたいことがうまく書けず、納得がいかなかった。


でも、あれ以上かけなかったのは事実。



少しずつ、自分の気持ちをちゃんと言葉にする練習をしようと思った。


40歳になって、何をいっている、って感じなんだけど、
今まで、自分の気持ちを言葉にしてこなかった。

言葉にすることをあきらめてきて、
どうせ、伝わらないと思って生きてきた。

今、こういう成長する機会を与えてもらったこと、本当にありがたい。

もう、40歳、じゃなくて、まだ40歳!

がんばるぞ!



いつもありがとうございます♪


応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。
blogramランキング参加中!



人気blogランキングへ


にほんブログ村 子育てブログへ
ありがとうございます。
posted by わたわた at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!本日は講座に足を運んで頂き、ありがとうございました。
早速、ブログに感想をアップする中田さんを尊敬します。私も熱いうちにコメント残します!

お子さんが幼稚園の時のボランティア活動をされていた件、初めて知りました。

そして子どもたちの反応たるや、すごいですね。中田さんが感じていた、子どもたちの発する「気が付いて」シグナル。それは危機的状況の現れではないかと胸がキリキリ痛くなりました。

これは是非、ご自身の講座の内容に盛り込んで頂きたいです。

このような、実践で経験した生身の体験が、聞く人の心を揺さぶります。口語調で是非、体験談として取り入れてみてほしいと思います。

「絵本を紹介しても聞く耳を持ってくれなかった」という箇所では、私もすごく同感しました。

一応、これでも「伝わらない」と感じた時代もありまして、苦しい思いもしているんですよ。

説得力というのは、

★心から伝わる部分
★話法の成せる部分

この二大要素があると思います。二つの要素が複合的に備われば備わる程、話には信憑性を増すもの、というのが私見です。

総じて、中田さんは人に訴えかけるだけの熱い思いを持ってらっしゃいます。これは、すごいことですよ。

結局、絵本に関していうと人それぞれ立場なり状況なりが違うわけですし、無難に均等に知識を提供しようと思うと、講座の内容が薄まってしまうわけです。

だったら、自分らしく自分のやりたいような講座のほうが、受講者に訴えかけるのではないかな、と今回すごく実感しました。

多分、その人なりの講座内容のほうが受講者の方も「聞きたい!」と興味が湧くのではと思います。

以上、取り急ぎコメントまでにー!!またよろしくお願いします

Posted by もん(川口結実) at 2012年02月10日 23:47
川口さん、ありがとうございます♪

昔、24時間以内にアウトプットしないと、人間は忘れてしまう、と言われたので、なるべく早く、自分のためにアウトプットするようにしています。

なにせ、すぐに忘れちゃうんです〜。

幼稚園の子どもたちの様子を、講座に取り入れる、なかなか難しいです。

川口さんも、「伝わらない」ということを経験されてきて、今があるんですねぇ。

私も、がんばって届けられるよう、考えてみます。
何度も、やっていくしかないんですよね。

自分らしい講座、自分らしいってなんだろう、から考えています。


いろいろと、アドバイス、ありがとうございます!
Posted by わたわた at 2012年02月13日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251625262

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ