2007年01月22日

明智光秀を見て考えたこと

だいぶ前に、録画しておいたビデオを見ましたTV

「明智光秀」のドラマです。
唐沢寿明さん主演のです。

私は歴史がはっきりいって、苦手でしたあせあせ(飛び散る汗)
普段時代劇とかも嫌いで見ないんです。

弟が坂本竜馬が好きで、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」面白いからと薦められ、読んでみましたが、途中で挫折しました。
時代背景が出てくると、眠くなっちゃうんです眠い(睡眠)

受験で苦労した影響でしょうか?たらーっ(汗)

この間も、歴史小説は嫌いだ!って言っているのに、母親が弟の影響をうけ、司馬遼太郎さんの「功名が辻」面白いから読んでみてとしつこいので、読んでみました。
今回はなんとか、知っている名前がでてきたので、面白く読みました。
徳川家康や、豊臣秀吉は知っているので、なんとか時代背景にもついていくことができました。

「功名が辻」を読んだときに、豊臣秀吉のイメージができあがっていたので、
今回、たまたまドラマにどんな秀吉がでてくるのか見てみたくて録画したのでした。

今回のドラマの明智光秀も豊臣秀吉も、ちょっとかっこよすぎでした。
私の中の豊臣秀吉は、もっとずる賢いイメージでした。

私にとって明智光秀は卑怯者というイメージでした。
なんで信長を討ったのか、正々堂々と戦えばいいのにって思ってました。

実際には、どうして信長を討ったのかというなぞはわかっていないんですね。

私はただ信長を討ったという事実だけで、卑怯者と思ったんですが、今回のドラマをみて、いろんな考え方ができるんだなってあらためて考えさせられました。

私は思い込みがはげしくて、融通がきかない面があるので、子育てにおいては特に、いろんな角度から物を見て、考えられるようにしていきたいと思いました。

なんで信長を討ったのか、色々な考えがあるというのも調べてみて面白かったです。
歴史小説も毛嫌いせずに、読んでみようかな?

今日読んだ本です。


パパが図書館から借りてきた本の中の1冊です。
楽器の絵がいっぱい描いてあるので、選んだようです。
読んでみたら、今の時代にぴったりの本でした。
ふわふわには、まだ理解できてない感じでしたが、個性について考えさせられる本でした。


応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ありがとうございます。



posted by わたわた at 21:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

堀部安兵衛
Excerpt: 堀部安兵衛・今度こそラストだからね!!!・高杉瑞穂 wikipedia・高杉瑞穂 写真・blogパーツを作りたい・・・・高杉瑞穂 ごくせん・竜馬がゆく・高杉瑞穂をこんな風に?・高杉瑞穂の関連情報・《初..
Weblog: 時代劇への思い
Tracked: 2008-02-03 18:18
にほんブログ村 子育てブログ